デコ助ストーブ

前回の缶潰しを使ったストーブ作り。
本家が凸ストーブと言うそうなのでデコ助と名付けましょう。

前回がこの状態。
本家と違いチムニー孔は設けていません。
火力が上がらず、いつ迄もダラダラ弱火。そのままでも燃え続けるならそれでも良かったんですが、ちょっとしたことですぐ消えてしまうのでイマイチです。
そこで噴射口を0.8mmから1.0mmに拡張、数も6から倍の12に増やしました。
またセンターのパーツも変更しました。もっともこの変更は単に面白いかな、って程度ですが。

早速燃焼テストです。

デコ助ストーブ
アルコール 20ml

鍋なし
本燃焼まで 1:32
火力低下まで 4:08
総燃焼時間 7:16

まずは単体での具合を見ます。
燃料を入れてただ火を着けただけだとやっぱり本燃焼まで時間が掛かります。
正直、燃料も無駄なので改善策が欲しいところ。


鍋あり 直のせ
アルコール量同じ
水400ml
鍋 チタンシングルマグ600 蓋付き

本燃焼まで 0:45(息吹き掛けあり)
沸騰まで 11:13
沸騰維持 3:38
総燃焼時間 15:43

と言う訳で、改善策。
火を着けたら少し待ってかるーく息を吹き掛けます。
こうすると火力が増すのか、火が暴れてストーブを炙るからか、50秒弱に短縮されました。簡単ですしイイ感じです。
直のせだと火が絞られ、弱火になります。それに伴い燃焼時間が延びました。
これはほぼ目論見通り。


鍋あり 五徳使用
他条件同じ

本燃焼まで 0:47
燃料切れ 鎮火 4:56
燃焼時間 5:43
※沸騰に至らず。燃焼を追加して引き続きテスト

おかわりから沸騰まで 1:19
鍋を直のせに変更
沸騰維持 10:03
総燃焼時間 17:07


こちらが同量でもう少し延びたら良かったんですが、残念ながら20ccではギリギリ沸騰せず。
総時間も鍋無しと同じ位かと思いきや結構短かくガッカリ。
燃料をおかわりして続行しました。


最大燃料 45cc
他条件同じ

本燃焼まで 0:45
沸騰まで 5:08
鍋を直のせに変更
沸騰維持 13:39
総燃焼時間 19:33


最後は実戦想定でのテスト。
最大量の燃料を入れて行います。
沸騰までは五徳を使って、沸騰後は外して直のせに切り替えます。
もし米を炊くなんて場合の想定です。
結果は上の通り。
炊けなくも無いけど、おかわりが必要かな?っと言う感じ。トランギアがほぼ同量の燃料でメーカー発表が25分なはずですから、燃費で大きく負けています(時間だけ見ると大して変わらなくみえますが、あちらはずーと乗せる位置の変更とか無しですから)。
昨今はアルコール燃料も高く、これは無視出来ない点です。

なかなか難しいですね。もう少しイロイロやってみたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント