缶潰し

アルスト(アルコールストーブの略)関連を調べていたら面白い形の物と面白い技があったので早速パクる…ではなく参考にさせて頂く事に。

まず技法ですが、アルミ缶の底を潰すと言うもの。

こんな風になります。
参考にさせて頂いたのは此方(http://862groove.seesaa.net/article/117771834.html)。
本家では雨どいなんかの塩ビパイプのエンドキャップを利用していますが、生憎近場のホームセンターでは売り切れでした。
そこでスチール缶を加工して治具を作る事にします。

このタイプの缶切りはキレイに切り取れます。
上下とも切り取ります。缶を歪めない様に注意します。


出来たらアルミ缶の底を切った物をセットします。
結構ピッタリなので押し込むのが大変ですが潰したりしないよう丁寧に。


奥まで押し込んだら平らなシッカリした板に置き、上にも板を置いて足で踏んで体重を掛けます。メタボパワー全開!


上手く行くとこんな風に。慣れると結構簡単です。
ちなみになんで治具の缶を上下開けたかと言えば、潰したアルミ缶を外す時、結構ピッタリで外すのが大変だったので。上から棒を突っ込んで叩き出す為です。

出来たらアルスト作りです。
参考にさせて頂いたのは此方(http://blog.goo.ne.jp/sengoku_2008/e/af22f508c1f2f96c9b8013ccd63decbf)。
実にカッコイイ。

若干違っていますが、近いイメージで。
チムニー化はしておらず、6穴0.8mmです。


うーん…なんかイマイチ、パワーが足りない感じ。
穴数が足らないのか、径が足らないのか。
もう少し弄ってみますか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント