ファイアスタンド+グリルプット


昨日の自作ファイアスタンドモドキですが、組み合わせるのは作ろうと思った時から決めて居ました。
それは「グリルプット」と言うやつ。
これカナリ昔、多分出てすぐぐらいに購入して焚き火の時に調理用として使っていました。
ただ直焚き火(地面直)だと高さが低すぎるとか、網じゃ無いので焼き肉とかに向かないとかで段々使わなくなってました。
でも、こいつの収納状態、金属パイプ一本になる、と言うスタイルはものすごく好き。なので何処かで復活させたいところでしたが、丁度良い再就職先が見つかった、と言う感じです。

上に乗ってるのがグリルプットと愛用のトング。
見ての通りの鉄の棒です。実際重さも結構有ったりしますので威力はバツグンです。

で、こちらが展開・組み立て状態。
なかなかの広さに成りますのでソロ向けの鍋・フライパンなら充分乗りますし、串などを上手く使えば焼き物料理も可能です。

下は大人の握り拳が楽々入るぐらいの高さ。薪・炭の投入、調整も自由に行えます。

本を乗せても大丈夫!
まあ、そんなに頑丈では無いし、下のメッシュがそもそもそんなに強くは無いのでダッチオーブン何かの搭載は不可でしょう。その予定も無いですし。

基本、ツーリング用なのでこんな使い方になりそうですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。