SOTO ST-310ストーブ



 キャンプツーリングに向けて!
 と言う事でストーブを新調しました。
 SOTOのマイクロレギュレーターストーブ ST310です。
 私は割とガス式よりガソリン式等の「メンドクサイ」ストーブが好みだったりするんですが、今回はガスストーブです。過去にガスタイプは他にスノーピークのギガストーブ「地」があるぐらい(コレが一番最初に買ったストーブだったり)。
 ガスは手軽過ぎ、とかカッコつけた事言ってたんですが、ガスが嫌だった理由ってあのOD缶の不経済な感じが嫌だったんだなぁと思い出したり。
 ガスはどうしても使いかけが出た際にそれを次のとき持って行くと残量が心配でもう一本持って行く、そしてそれがまた使いかけに・・・となるのが嫌だったんですよね。
 で、ふと
$「CB(カセットボンベ)缶だったら普段の自宅でのガスとしても使うから、使いかけは家で使ってキャンプの時はいつも新品持ってけば良いんじゃね?」
 と思ったわけです。
 まあ、予備缶持って行くとしても細長いタイプのCB缶なら意外と場所もとらない、パッキングしやすいんじゃないかとも思ってるんで2本ぐらいならそんなに苦じゃないかな、とも。


 早速セットアップ。
 缶はイワタニの超高級品。イワタニはさすが、と言う感じで非常にお値段が高い。さすがにコレは馬鹿馬鹿しいので実際には普段使いではもっと安い、3本セットで3~400円ぐらいのを使おうと思います。
 CB缶は寒いときなどに使えない、とも言われていますが、正直私のキャンプスタイルはバイクでのキャンプツーリングですからバイクで行けないような山の上の方とかは「絶対」行かないでしょうし。しかも先日の通り、バイクは250ccのオンロードになっちゃいましたから、余計にそんな強烈なところへは行かないだろうと。
 でもこのST-310はマイクロレギュレーターと言うもので圧力の低下をリカバリーすることが出来るようになっており、低音時でも使用できるようになっているんだとか。外箱の説明によれば外気が5度程度でも十分使えるようです。
 まあ、冬だと0度以下になることもある屋外ですが、そんな時は多分ストーブより先に私がギブアップしてそうですw



 マイクロレギュレーターの都合か、案外思ったほど小さく無い、と言うか結構大きいサイズです。
 ゴトクは4本足。なかなか頼もしいサイズになっており、コレがデカさの理由のひとつ。
 手と比較してもらうと結構大きいのが判るかと思います。
 このサイズだと平型のコッフェルにギリギリ入るか、入らないかと言うところだろうかと。トランギアのメスティンには当然入りません。
 バーナーヘッドを外せばもう少し小型になる、とか言う話もありますが、まあ、メスティンに入れるのは無理でしょう。
 ただ、じゃあパッキング性が悪いのか、と言うとそうでも無く、確かに大きいんですが、足を畳むと以外とペッタンコになるんで、パッキングするのはそれほど苦にはならなさそうです。

 さて、季節もぼちぼち秋に向かう時期。せめて今年中に1回はキャンプツーリングに行きたいもんです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント