XLー3ブースター

本日帰宅したらバンダイからWeb限定のROBOT魂 SIDEーAS レーバテイン用ブースターXLー3最終決戦セットが届いていました。

こちらはWeb限定で予約販売だったもの。予約してたのを半ば忘れかけていましたが。
早速開けてみる事に。

内容は
XLー3ブースター本体・下部ウィング2枚・ボクサー2散弾砲1・アサルトライフル2・腰部ガトリング砲ユニット1・専用台座・カタパルトパーツ・魂ステージ式アーム
と言う構成。小説最終話で使用された「フル装備」状態を再現出来ます。

もう、この状態作るまでに一苦労。
武器付けてるうちにあっちがポロリコッチがポロリと。挙句アームが重量負けしてイキナリガクンって。なんとかこの形にするだけで数十分掛かりました。

流石最終決戦と名乗るだけあって着けられるだけ武器を着けたって感じがなんとも。このゴチャゴチャ感はイイですね。ポロポロ落ちますが。

XLー2を強引に2個くっ付けただけと言うXLー3。エンジンが単発から双発になってるのがポイントです。
ミサイル、増槽は接着固定。姿勢制御翼は後付けですが角度変更などは出来ません。
レーバテイン本体との固定は背中のボッチ全部を使う様な感じ。思ったより保持しますが案外簡単に外れる事も。


レーバテイン側はボクサー2はともかく補助腕に持たせるライフルがポロポロポロポロ頻繁に落ちてストレスになります。

カタパルトの足を乗せるのはレーバの足先を一旦すぼめて。

足先がセット出来たら「フルメタ」の特徴でもある「クラウチングスタート」風射出姿勢に。
これが決まらない決まらない。
足はすぐ外れるし羽も外れるしでポジは決まらない、ポーズも上手くいかないと大変。
両手をハンドルに掛ける事も有り武器は外しましたが持たせては無理でしょう。一応、ゼーロス ガトリング砲は後方にたためますし、ボクサー2散弾砲2丁も両脇腰にセットは可能ですから射出姿勢を取らせることは可能です。
軽く墨入れでもしてやるとグッと良くなりそうですね。
ただ場所も取るしアームの保持力を考えるとこの状態で飾るのはちょっと厳しそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント