ロボット魂 SIDE AS コダール

20110629_01.jpg
 なんでか、I-Phoneアプリからの投稿が連続失敗し、都合4回目の投稿になります。
 バンダイROBOT魂 SIDE AS コダールです。
 このシリーズはガンダムのSIDE MSに比べ歩みは非常に遅いですが、良作揃い。今回のモデルも実に良く出来ています。

20110629_02.jpg20110629_03.jpg20110629_04.jpg
 主人公機であるアーバレストやレーバテインが直線主体なデザインなのに対し曲線主体の如何にも「敵役」って感じのデザイン。
 全身銀色と言うのも実にケレンミが利いており非常に秀逸なデザイン・スタイルを余すところ無く立体化しています。
 当初、雑誌やネットで見た時には頭が大きく感じられたのですがイザ実物を手にとって見るとさして気にはなりませんね。左右に張り出した部分が有るせいかもしれません。

20110629_05.jpg20110629_06.jpg20110629_07.jpg20110629_08.jpg

 各間接の自由度はかなり広め。残念ながらASシリーズ共通の、腰周りのデザイン的制約から立膝などはイマイチ決まらないんですが、それ以外はかなり自由にポーズ付けが出来ます(その割には全然ポーズ付けてませんが)。
 腕が割りと細めなデザイン、胸の周りもスッキリしているので銃を構えるポーズも決まりやすくなっています。
 専用の「魂ステージ」を使用すれば劇中よろしく飛んだり跳ねたりな感じに飾ることも可能。
 武器は写真のアサルトライフルの他にもう一丁、確か劇中で使っていたグレネード付きのカービンライフルと専用デザインのナイフ(鞘付き)、そしてこの商品オリジナルらしいグレネードを収納しておく筒とハンドグレネード4発。この筒は製図入れみたいなシンプルな筒型でスライドさせるとグレネードが取り出せる、と言うギミック付き。
 ライフル2丁とグレネード筒は両肩背中側のハードポイントに装着可能。ナイフと鞘は背中の専用ハードポイントに装着可能です。鞘はライフルは大丈夫な様ですが、グレネードの筒とは干渉します。無理やりつけることは可能ですが。

20110629_10.jpg20110629_11.jpg20110629_12.jpg20110629_13.jpg20110629_15.jpg20110629_15.jpg
 武器の他に豊富な付属がシリーズ共通の手首パーツ。このモデルでは専用の「ばんっ!」の右手首が付属。
 「銀色のAS」には無くてはならないものですね。
 後、「力を溜める」時の掌底突きの左手も付いています。
 手首パーツは表情の無いロボットの演出では実に有効なもの。各種付属しているのは本当に嬉しいところです。
 他は握り手、銃握り手、平手が各左右一対あります。握り手は軽く握った状態なので何かを持たせることも有る程度可能です。

20110629_16.jpg20110629_17.jpg
 最後は魂ステージを使って。
 コダール最大の見せ場(?)「新主人公機に足払いされて一回転の図」です。
 コレだけのために魂ステージを購入。
 「2体組み合わせしたいから2セットかー」とか思って2セット購入してきたら・・・これ3個1セットなんですね・・・。
 まあ、もし今後増えたらそれらを飾るのに使いましょう。
 フォトショで簡単にエフェクトも入れてみました。


ROBOT魂 <SIDE AS>コダールROBOT魂 コダール
(2011/06/25)
バンダイ

商品詳細を見る



ROBOT魂 <SIDE AS> ARX-8 レーバテインROBOT魂 ARX-8 レーバテイン
(2011/04/16)
バンダイ

商品詳細を見る



魂STAGE ACT5 アクションサポートタイプ forMechanics クリア魂STAGE ACT5 アクションサポートタイプ forMechanics クリア
(2010/07/24)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント