HITSくん

HITSKUN01.jpg
 通常製作からカスタムまで、ペーパー掛けの強い味方である「あて木」系のアイテム。写真のタイラー他、様々なものが出てます。前回の「ヤスリほう台」も「1」はあて木系です。折って使う方法もありますが、やはりしっかりした面を出そうと思うと必須アイテムですね。
 そんなあて木系、タイラーなんかは最初に貼り付けられているペーパーを使いきったら両面テープで貼るのが一般的ですが、ヤスリほう台系は粘着シートを使って繰り返し貼ったり剥がしたりが出来る様になっています。この粘着シート、何年か使っていくとダメになっちゃうんですが、この替えがなかなか無いってのは模型系の人の間では有名な話みたいです。
 なにか変わりになるものないかなーって探してたらエアガン用の的に粘着シートを使ったのがあるんですよね。今回はそれを試してみることにします。

HITSKUN02.jpg
 使用したのは『SIIS(エスツーエス) 粘着ソフトターゲット HITSくん』。なかなか小洒落た名前が付いてます。
 同じエアガン系では最大手『東京マルイ』からも同様の粘着ターゲットが出てるんですがそちらは今回使用するのの3倍ぐらいのお値段がしちゃいます・・・。的としては使わないのでお安いコチラで良いかと。元エアガンユーザーだった自分からみて、こちらは的としても十分な性能を持ってると思いますが。

HITSKUN03.jpg
 すでにカット済みの方の写真になってしまいましたが箱の中にはこんな感じの丸いターゲットが入っています。前面にはってある保護シートを剥がし、粘着シートを固定している輪っかを外せば簡単にシートは取り外せます。

HITSKUN04.jpgHITSKUN05.jpg
 カットはOLFAの「ロータリーカッター」を使用。以前にスリングショットを作った時に使ったものです。この手のゴム系シートなどをカットするのには必須の刃物。カッターナイフなどで切れないことも無いんですが、やっぱり簡単・確実で綺麗に切れます。

HITSKUN06.jpg
 横幅はほぼぴったりに、長さは少し短めに。タイラーの湾曲してる部分には今回の粘着シートでは厚みがありすぎて沿ってくれない(すぐ剥がれちゃう)ので。

HITSKUN07.jpg
 うーん、かなりの厚み。測ってみたら約2mmあります。

HITSKUN08.jpg
 とりあえず400番のペーパーを貼り付け。タミヤのをつかってますが、少しケチって短くなってしまいました。

HITSKUN01.jpg
 試しに使ってみて。
 シートの厚みがあるので力を掛けてグイグイやると潰れて正確な面が出なくなりますが、ペーパー掛けは本来「力」で削るのではなく「ペーパーの切削力」で削るものなのでかるーく当ててやる様にすれば特に問題はありません。ペーパー自体が面で力を受けてくれ、さらにシートもなかなかの弾力なのでそこまで神経質にならなくても大丈夫なので十分実用可能だと思います。

 このHITSくん、なかなかの期間販売されているいわゆる「定番」なアイテムですし、お値段も安く、1個でタイラーならかなりの数、切り出せますから経済的ではないでしょうか。模型用の粘着シートに比べるとかなり肉厚ですが、使用感はそこまで差が感じられないですし、何より入手しやすいのは二重丸です。お試しあれ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント