飴スキー

 amesky.jpg
 今年の3月までNHKでやっていたアニメ「3月のライオン」。4月7日より再放送がスタートします。
 「ハチミツとクローバー」の羽海野チカさんが描くこのお話は非常に面白く、アニメを見はじめてすぐコミックを最新刊(12巻)まで買い揃えてしまうほど。「将棋」が題材なためなかなか取っ付き難く敬遠されがちですがこれは読まないと損レベルの面白さです。
 お話も非常に面白いのですが、それに花を添える(?)のが毎巻と言って良いほど出てくる「美味しそうな食べ物」。手が込んだものから簡単なものまで様々、真似したくなるものもいっぱいです。
 そんな中からものすごく惹かれたのが今回の「飴スキー」。10巻に出てくる棋士 入江さんがバーで呑んている、ひやしあめでウィスキーを割ったもの。劇中のレシピではワンカップ入りのひやしあめを「一口飲んで」そこに氷(ロック)とウィスキーを入れる、というだけ。これがなんだかとっても呑んで見たくなりました。しかしこれ、意外とハードルが高かったんです。

 まず、キモとなる「ワンカップひやしあめ」。とりあえずひやしあめを缶入りでも良いので、っと探して見たんですが近所や職場の周りでは全く売ってない。ちょろっと調べるとどうも関東からは撤退してしまっているらしく普通には売ってないみたいです。そこで、こまった時の「amazon」と言うことで検索すると扱いがありました!それも劇中同様のガラス製のワンカップに入ったものが。でも一つ問題が。amazonの冷やしあめ「桜南 ひやしあめ」なんですが、これが30本セットのみ・・・さすがにそんなにいりません。それに呑んで見たいとは思いましたが私、冷やしあめ自体飲んだことが一回もなく、美味しいのかどうかさえ知りません。さらに聞いた話だと結構クセがあり、ダメな人には本当にダメらしいので30本も買って私が「ダメな人」だったら目も当てられません。
 その後、さらに検索するとどうやら銀座の方に「広島ブランドショップ TAU」なるところがあり、そこで売ってるらしいのですが、なんと4月から改装が入り現在営業休止中らしいとのこと・・・。だめかなぁーって思っていたら職場の後輩くんが「広島 夢ぷらざ」なる本場広島の市町村情報センターのウェブストアで1本から販売があるのを見つけてくれました。送料が関東にだと700円ちょっとかかるんですが、30本買うことを考えれば安いものです。早速注文してみました。
 注文したのは「冷やしあめ」と「瀬戸田産レモン果汁入りひやしあめ」。それにいくつかの特産品。他にも職場のみんなで色々注文し6000円ほど購入。

 で、やっと冒頭の写真の冷やしあめウイスキー「飴スキー」にありつけました。
 呑んだ感想としては「ややクセのあるものの、ガツンとした冷やしあめの甘さとウイスキーの味が良く合う美味しい飲み物」という感じ。生姜もかなり効いておりピリリとした辛さがまた旨さになっています。対して「レモン果汁入り」の方は生姜の味よりレモンの味が前面にきており、さわやかでクセがあまりなく飲みやすくなっていました。どちらも甘いお酒やカクテルが苦手でなければオススメです。

購入先はこちら
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。