ガンダムバルバトスルプスの制作

GBR001.jpg
 HG-IBOより、ガンダムバルバトスルプスを制作。先日終了した「鉄血のオルフェンズ」第2期の前半主人公機です。

GBR002.jpg
 バルバトス系は通算で4機め。一部変更が入っていますが基本は一緒なのでサクサクと作業を進めていきます。

GBR003.jpg
 頭部の分割は最近は本当に細かくて、塗装を考えると実に手間いらず。今最初期のガンダムの顔塗れって言われたら・・・できるかなぁ。

GBR004.jpgGBR005.jpg
 頭頂部はモールドが甘かったのでキサゲで彫り直し。キサゲは使い慣れるとバリ取りにも使えるしスジボリにも使えるしで実に有能な工具。使ってる自分にも酔える感じ(W)。

GBR006.jpgGBR007.jpgGBR008.jpgGBR009.jpg
 腕は定番工作となって来ている「片側を切り離して接着して合わせ目を処理」を実行。ちょっと慎重な作業が必要だけどエッチングソーがあれば簡単。合わせ目処理の線上に居るモールドは下手に活かそうとせず、0.2mmプラ板で後から再生。

GBR010.jpg
 肩はTVCMでも繰り返し流されている分割可動式。動くことが価値になっているけど正直「可動範囲の拡大」にはあんまり寄与していないような・・・。

GBR011.jpg
 そんなこんなで仮組み完了。私は必ず一回は仮組みでカタチにしてからもう一回バラして塗装します。
 一回組み上げることでバランスなどを見ている・・・っと言うほど大層なものでもなく(見てはいますが)、単にここで一回カタチにしておくことでテンション(やる気)を維持している、と言う側面が強いですね。

GBR012.jpgGBR013.jpg
 分ける色ごとに整理して持ち手にクリップしていきます。ここでも最近のキットならほとんど塗り分けいらずで分割で対処可能。とうしてもマスキングによる塗り分けが必要な部分だけ、この時点で「どの色から順番に塗装するか」を検討しておくぐらい。本当に良い時代です。

GBR014.jpg
 塗装、乾燥が終わった状態。あとは組み立ててスミイレしてつや消しクリヤーを吹いて終了です。一応、見える範囲での装甲の裏には暗いグレーを吹いてあります。前回のゲルググでもやりましたが、やっておくだけでクオリティがアップしてくれるのでメンドクサがらずに頑張ります。

 次回は完成編です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント