プラモ作成履歴36 ガンダムバルバトス 第六形態

GP-R0294.jpg
この記事が載る頃には既に第二部が始まっていますね。
第一部での最終形態、「バルバトス第六形態」です。組み合わせ方によっては第五形態にも出来るみたいです。
正直、3体目のバルバトスって事で結構うんざり気味(なら何故買った・・・)なので、こいつではちょっと雰囲気の違ったものを作りたい、って事でこうなりました。第六がアーマーパーツ多いですし、ガンダムでアーマー付きって言ったらフルアーマー。前回のサンダーボルトに続いてのフルアーマーネタになってしまいましたがこちらは「伝統のフルアーマーカラー」で塗ってみました。

GP-R0293.jpgGP-R0294.jpgGP-R0295.jpg
フルアーマーカラーはあくまで「アーマー部分」とイメージし、バルバトス本体はスタンダードなカラーリングに。スネは「薄いアーマーが装着されている」事にします。
 
GP-R0296.jpgGP-R0297.jpg
第六のメイン武装「レンチメイス」。口を開くとまるで恐竜の様にも見えます。開いた内側にあるチェーンソー状のものは完全に閉じる時は外しておきます。

GP-R0298.jpgGP-R0299.jpgGP-R0300.jpg
肘から腕に掛けて2種類の武装を装着します。左右一対、2種4機あり。右手側につけているのが機銃、左手側がパイルバンカー。パイルバンカーは外側が半回転して前を向く様になっています。

GP-R0301.jpgGP-R0302.jpgGP-R0303.jpg
フロントスカート、膝にはバンダイのドレスアップパーツをつけて装甲増加。フルアーマーっぽくなる様にしています。
ふくらはぎは両側のバーニア部分にプラ板でカバーパーツを追加。
GP-R0304.jpg
GP-R0305.jpgGP-R0306.jpg
さらにふくらはぎ中央の、本来ですとフレームパーツが露出している部位にもプラ板でカバーを追加しました。
バックパックにもプラ板で装甲を追加。スネにもプラ板の切り出しを貼ってみたり。
GP-R0307.jpg

胸の追加装甲は取り外す事が可能。なんだかその昔のMSVの1/100フルアーマーガンダムを思い出させます。

GP-R0308.jpg
GP-R0309.jpg
第五形態用の前に長いアーマーが付属。TVで登場した時(色は黒っぽかったですね)はその形状から「何か凄い(面白い)機能があるのか?」と期待したんですが、特に何もなかったですね。残念。

GP-R0310.jpg

バルバトス本体は懲りずにパステルによるシャドウと言うか汚しを。アーマー側にも多少やってみたんですが、やっぱり濃い色では効果はほとんど見えず。ただ、いい感じにバルバトスがくたびれてくれたんで作中に雰囲気に近づけたかな?

GP-R0311.jpg
GP-R0312.jpgGP-R0313.jpg
この後には第二部の機体「バルバトス ルプス」が待っています。既にヨドバシに注文済みですが、制作出来るのはいつになることやら。その前に作らなくちゃいけないのが、山の様に積み上がっています。我が家の「ガンプラキャピタルタワー」を少しでも縮めるためにもセッセと制作に励まなくては。



あ、今回は全体をセンターで記事を書いてみました。見易さではどっちなんでしょう。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。