ランドブリーズソロ

20100918-20_0005.jpg
 先日のキャンプでデビューさせたランドブリーズソロ。
 スノーピークのソロ用テントです。

 ソロ、つまり一人用なので当然サイズは最小クラス。内部は大人一人が横になったら後はそれほどスペースもありません。
 若干結露が多く感じられましたが、これはどちらかと言うと以前使っていたヨーレイカが3人用と一人で使うには大きく、その分結露をあまりせずに済んでいたんだろうと予想されます。
 ランドブリーズソロでもポタポタ垂れてくる、と言うほどではありませんでした。
 
 先日のキャンプでは撤収日が大雨でしたが、フライがびしょびしょでもインナーは割りとサラっとしてたのでこの辺は優秀な様子。今後、経年とともにどうなっていくかでしょう。

 ともかく使用できるスペースが小さく、前室なども微々たるもの。以前のヨーレイカが前室がメインルームと同等クラスだったモデルだけに非常に強く感じます(と言ってもその間にヘネシーハンモック挟んでるんですけどね)。
 このスペースの少なさは今後の自分のキャンプスタイルを変えていくことを検討するべきでしょう。
 焜炉やコッヘルの選択、燃料、着替えなどをどのようにチョイスするか、今から色々考えています。
 とは言えウルトラライトなどの方向性は考えていません。たとえばUL系でシビアに考えていくなら焜炉はガス一択と言うことになるんだろうと思います。でも現状では先日のエセシェラストーブを当面のメインストーブに据えようとか舐めた事を考えています。
 さらには焚き火好きな自分としては焚き火台系を外すのはあまりにも寂しいためこれも現状では持って行くリストに入れています。
 このように、よりシビアに、効率を徹底して追及する、と言うスタイルでは無く「自分がやりたいこと」を大事にしつつ、その上で色んなものを絞り込んでいくと言うことをしたいと思います。
 結局、自分にとってはキャンプは「楽しみ」であり「遊び」なのでツマラナイ思いをしてまで効率を優先する気は今のところ無い、と言うところですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。