2015年秋キャンプ

ちょっと前ですが、9月末と10月半ばの2回、最早お馴染みとなりつつある「道志の森」へとキャンプに行ってきました。どちらも天候がイマイチ優れない感じで写真が少なめですが、書いてみます。


まずは9月は27日、28日で。親父と犬(モモちゃん)と二人と一匹キャンプ。


幕は久しぶりに使う「EUREKA!ツーリング3」。前室が広いテントで、私が初めて買ったテントです。今回、初めて前方入り口を跳ね上げてタープ状に使用する、と言うのをやってみました。ポールは以前に買ったバンドックのスクェアタープのもの。この下にテーブルを置いて食事の場に。前室内はコットを置いて私の寝室としました。

食事はスノーピークのコンボダッチデュオを活用し、グリルチキン、野菜のロースト、海老と舞茸のアヒージョ等を作ってみました。出来は・・・今後の精進が必要ですね。

食後、親父は早々にモモちゃんとテントの中へ。私はしばらくコンビニの乾きものをツマミに日本酒を飲ってました。23時過ぎにとりあえずコットへ。9月末でしたがまだまだ暑く、シュラフには入りましたが片足は出したままで。タープにした入り口部分も面倒だったのもありそのまま、メッシュのみ閉じて就寝としました。夜半過ぎにパラパラと雨粒の落ちる音が。しかしそれ以上は悪くはならず雨模様、とまではなりませんでした。


翌朝は少し肌寒かったですが、それなりに快晴。5時過ぎにはテントを出て朝食をゆっくりと済ませました。テントを乾かし即撤収。毎度お馴染みで9時過ぎにはほとんどの片付けを終了させてプールのそばのアイスの自販機でアイスを食べて帰宅です。




道の駅どうしにてお土産を購入し、昼過ぎには帰宅です。

2回目は10月の11・12日の2日間。こちらは三連休の後2日とあって道志の森はかなりの混雑でした。


入り口付近からどこもかしこもカナリのギッシリ感でしたが、驚いた事にプールの側の少し高くなっているところ、9月の方でも使ったベストポジションがポッカリ空いてました。信じられないほどの幸運でしたので素早く場所を確保。この日は友人T夫婦とキャンプでしたので上の様な感じになりました。9月同様天気はイマイチでしたがタープで雨避けも確保し快適な環境を手に入れました。

この時の装備はムーンライト2にペンタタープをなんちゃって小川張りしてみました。ソロだったら豪華過ぎるぐらいのスペースが確保できちゃいますね、コレ。


居場所が出来たら早速火おこしです。9月の時に火を付けるのにカナリ苦労したので今回はFD火おこしを導入。ちょっと重いのがアレですが、さすが専用品。ほっといても火がしっかりついてくれます。


火がついたら炭も熾し調理開始です。

Tのところはダッチオーブンでローストチキン。チキンも野菜も軟らかくホクホクで美味。多くの人がダッチオーブンにハマるのも判ります。


私の方はコンボダッチデュオのポットで無水料理を。タマネギと豚肉をジックリ煮込むだけ、っと言う料理なんですが・・・煮込みが足らず失敗でした。本当はタマネギが完全に原型を留めないほどクタクタになるんです。まあ、でも味は悪くなかったので充分食べられました。


他に魚を一匹まるまるキノコとともにホイル焼きにしました。ちょっと小骨多くて食べるの大変でしたが、ホイル焼きもウマミが逃げないので美味しかったですね。


食後は日本酒や焼酎をチビチビやりながら焚火いじったりして過ごします。このタイミングがやはり至高ですね。


チョパ、ララコンビもマッタリ。

この日は上でも述べた通り、キャンプ場全体が人でギッシリな感じでしたが、夜遅くまで騒いだりするのもおらず、なかなかの快適でした。夜はさすがに寒くしっかりと寝袋に入って寝ましたが、モンベルの#3であれば全く問題なかったですね。

翌朝はカナリ早く目が覚め、5時半ごろには私はテントの外へ。湯を沸かしてお茶を飲んだり、オニギリにお湯を注いだお茶漬けを作ったりして食べたりして過ごしますが、Tのところはまだまだ寝てたので場内を散歩してみました。


前日の天気の悪さも消え、なかなかの好天です。


とは言え秋口の早朝、テントから出てきたワンココンビは毛布に潜り込んで出てきませんでした。

この日もテントを干しつつ手早く身支度と片付けを済ませ、10時過ぎる頃には荷物をまとめてキャンプ場を後に。またも道の駅どうしにてお土産の購入と軽く昼食を食べて帰路へと着きました。
実はこの後、11月の1・2日で最後のキャンプを、と考え休みもとったのですが、2日の悪天候がかなり酷そうだったため土壇場で中止しました。おそらく今年はもう無いだろうと思います。

今回のキャンプで感じたのは「若い時みたいに量を食えない」という事。今後はメニューもより吟味し適量を作り楽しく無駄なくキャンプを楽しみたいですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント