プラモ作成履歴26 RX78-2 ガンダム 高機動型

大分間が空いてしまいました。第26番目、8月31日完成したものです。

内容は本体、RX78-2ガンダムは最新キット、リバイブ版。これに雑誌「ガンダムA」のオマケのバックパック、2連ビームキャノン、小型シールドを使い、その他(脚部、バックパックに付くブースターユニット、2連キャノンのグリップ、胸部増加装甲)を自作とし「高機動型ガンダム」として完成させています。
本体とパーツ類は一切接着などをしていないので、全て取り外す事が可能。ノーマルのガンダムに戻す事が出来ます。

fc2blog_201509021712315b0.jpg
fc2blog_20150902172814e79.jpg
fc2blog_2015090217292971f.jpg
fc2blog_2015090217284454b.jpg
fc2blog_201509021709267b6.jpg
fc2blog_2015090217025527d.jpg
fc2blog_20150902171755d82.jpg

本体のガンダムはスミ入れ>つや消しの簡易仕上げ。素性が良いのでそれで十分な出来となります。ただ、スミ入れを前回失敗したのでガンダムマーカーを使いたくなかったので、一度全体をスーパークリアーでコーティング後にエナメル塗料で行っています。ですので以外と手間を喰っています。
追加パーツ類は雑誌の付録のビームキャノン&小型シールドは完全にそのままを塗装しただけ。バックパックはブースターの基部を少し削って後方にズラしたのと、スラスターを2個追加した以外はやはりそのままで使用。
オリジナルで製作したパーツは基本プラ板を箱組みしたもの。スラスター類は市販品を使っています。塗装はジャーマングレー。スラスターだけニュートラルグレーです。内部の赤はエナメル塗料を使い簡単に拭き取れる様にして塗り分け。このラッカーONエナメルの塗り分けは使える部分がある程度限られますが、非常に簡単で確実。実に良いですね。

以前にも書きましたが、これだけ大掛かりな物を製作して完成させたのは初めて近く、それだけに非常に自信につながりましたね。もちろん日数が経っていま見るとアラも目立ちます。歪みも酷いですね。でも「コレを完成させたぞ!」と言うのはヤッパリ大事です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント