プラモ作成履歴11 シュツルムガルス

11弾はHGUCシュツルムガルスです。
このキットはOVA「ガンダムUC」で登場します。1シーン、短時間ですが記憶に残る活躍で人気の機体です。

製作は2015年の4月頃。オリジナル要素を色々入れてみよう、と製作しております。

シュツルムガルス01
シュツルムガルス02
シュツルムガルス03
シュツルムガルス04
シュツルムガルス05
シュツルムガルス06
シュツルムガルス07
シュツルムガルス08
シュツルムガルス09
シュツルムガルス10
シュツルムガルス11
このキットでなんとも納得行かなかったのが肩のシールドの変形機構。劇中ではどうなのか良くわかりませんが、キットでは一旦バラバラにした後にチマチマ組み立てるというもので、元の活躍シーンの様な流れる様な襲撃にはとても使えなさそう。なので改造する事にしました。

当初は勿論劇中通りの変形を模索しましたが、コレはナカナカ大変な上に強度確保が厳しそうだった為早々に断念。オリジナルの方式としました。

シールドの変形はオミットとし、肩にそのままに残しナックルの位置を変更、肘と手首を移動する様な方式としました。イメージではシールドの重さ分がなくなる為、威力は下がりますがその分速度を増す事が可能となり連打で勝負をする、回転の早いタイプのボクサーといったところでしょうか?

色は大分違った感じにしました。目指したのは袴を履いた武道家、なんですがあんまりそんな感じにはなりませんでしたね。

汎用化を目指しHGBCのEz-Srのバックパックセットを取り付け。バックパックのブースターで一気に距離を詰める、と言う戦闘スタイルを可能とする・・・なんて妄想をしています。キャノンとミサイルも勿論取り付け可能です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。