アウトドアストーブネタ

 初っ端なんですこしでも興味を引きそうなネタを投下。
 でも他にネタ無いんだけどね。

IMG_4271.jpg

 写真は自作のウッドバーニングストーブの試作。

 自分の場合、キャンプに行く理由の4割がストーブ使いたいから。もう4割が焚火がしたいから。残りの2割ぐらいがなんか諸々。
 要するに「火遊び」したいんです。

 最初に買ったアウトドアの焜炉、ストーブはスノーピークのギガパワーストーブ 地。


スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ 地 GS-100スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ 地 GS-100
(小さいけれどとっても優秀。あんまり優秀なんでガス機器はコレ一個きり。)
スノーピーク(snow peak)

商品詳細を見る


 何で買ったのかは実は良く憶えてない。ただ、アウトドアに関わるもので本格的なものの一番最初がこのストーブ。
 ストーブ買って、ガス缶買って、それからコッヘル(何故かスノピのチタンコッヘルのセット)。
 正直今から10年ぐらい前で何で購入することにしたのかは本当に憶えてない。多分単純に欲しかったんだと思う。

 このストーブ購入後、しばらくサバイバルゲーム(エアガンで撃ち合うアレね)とかに持って行ってインスタントラーメンとか食べてた。
 そのうち仕事で屋外のイベント管理を月一でやることになって、会場で暇な時にお湯沸かしてインスタント珈琲とか飲んでた。
 ただ、そうなると月一で使うからいっぺんにガスが無くなってく。1個400円ちょっとぐらいでそんなに使わないと言っても毎月だとそれなりの消費。
 今も昔も仕事で自腹は切りたくないクチなので(自分で飲む分なんだけどね)もっと安上がりにする方法を考えた。
 そんな折に見つけたのがネイチャーストーブと言うもの。ユニフレームの「火遊び道具」。


ユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブ 683033ユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブ 683033
(チムニー(煙突)効果でガンガン燃える。実はなかなかどうして侮れない火力。ただススが凄い。しょうがないんだけど)
ユニフレーム(UNIFLAME)

商品詳細を見る

ユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブL 683057ユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブL 683057
(ビッグサイズのネイチャー。性能は上と一緒だけど、薪や炭をくべる”戸”がついてるのでコッチの方が長時間の使用に向いてる)
UNIFLAME(ユニフレーム)

商品詳細を見る


 ネットの情報なんかからLの方を最初に買ったはず。でも使用目的が基本的に「お湯沸かすだけ」だからすぐにS(とは言わないんだけど)を追加購入した。どちらも近所のホームセンターで。
 LはしばらくつかわずにSを仕事のイベントに持って行って使ってた。
 会場は幸い森の中みたいなとこなんで燃料には困らなかったけど、閉口したのがスス。一回目でヤカン(トランギアの一番小さいの)の底がタールみたいに真っ黒になった。
 結局1年弱ぐらいはそれでもつかったんじゃないかと思う。Lもキャンプに行って炭火で焼肉とかに使った(炭と網が遠くてイマイチだったけど)。
 でも結局コッヘルがススで汚れるのはイヤ、と言うことでまたストーブを購入することに。
 このとき、最初GIストーブと言うガソリンストーブの中古をエアガンショップで購入した。当時はエアガンにかなり傾倒していてミリタリーなグッズを集めてた、と言うのもあったけど。
 ただ、このストーブは結局まともに使ったのは1回か2回。そのすぐ後にパッキンがイカレてガソリンが漏って火達磨になって退役となった。
 ただ、ガソリンは最初のプレヒートとかは面倒だけど火力はしっかりしてるしガスほど割高感が無いのが良くてすぐに次を購入することにした。
 それがオプティマスのSVEA 123R。


オプティマス バーナー NO.123R SVEA(スベア)オプティマス バーナー NO.123R SVEA(スベア)
(100年間殆ど変化していないガソリンストーブ。コンパクトで高い耐久性を持つ優秀なモデル。ただ、火力が低いので調理には向かないかも)
オプティマス

商品詳細を見る


 クライマーIの愛称を持つこのキングオブストーブはもちろん今でも現役。自分のメインストーブだと思ってる(でも最近火力が欲しくてMSRのウィスパーライトインターナショナルが欲しかったりする・・・)。
 このストーブで調理はあんまりしていない(仕事が忙しくて購入後あまりキャンプに行けなかった)けど、珈琲は結構飲んだ。最近はパーコレーターなんかも入手したのでますます楽しくなっている。

 他にも123Rと前後して購入したホリデーオートのVHSコンパクトストーブなんかもある(これは北海道を友人と3人、車で旅したときにもって行って焼肉を楽しんだが、重い・組み立てが面倒とこの後は使っていない)。

 最近になって「笑’s B-6コンパクトストーブ」と言うのも購入した。

IMG_3865.jpgIMG_3869.jpg

 少し前からネットで見て気になっていたメーカー。
 製作している人が実際にアウトドア好きで試作を何度も重ねて、その様子をブログにアップし続けてて非常に楽しかったのでなんだか急に欲しくなって、ついポチってしまった。もちろんグリルプレートも一緒に購入。
 まだ未使用なんでなんともいえないけど、精度の高い工作で作られており組み立てたりばらしたりしてるだけで楽しい。
 今年は去年、一昨年とキャンプにちっとも行けなったのもあるのでもっと積極的にキャンプに行こうと思っているのでこのストーブもすぐに出番が来ると思う。今から楽しみだ。

 んで、最初の画像の火が出ている自作ストーブに関してだけど・・・長くなりすぎたので次回に続く、って事で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント