溶岩プレート


 現在愛用中のガスストーブ「SOTO ST-310」用のオプション「溶岩プレート&遮熱板」を入手したので早速使ってみました。

 見ての通り、通常通りにセットしたST-310に専用の遮熱板を着けて溶岩プレートを乗せるだけ。後は油(サラダ油)を満遍なく塗って5分強火、その後は弱火で食材を焼くだけです。
 タレの類は焦げ付きの原因になるので避けたほうが無難。塩胡椒だけで十分美味しく仕上がります。


 肉はシッカリ焼くと外はパリッと、中はフワッとした食感となり実に美味!牛より豚や鶏の肉厚なのがより美味しいようです。


 今回はキノコ類ぐらいしか焼かなかったんですが肉以外も美味しく出来ました。タマネギやピーマンも美味しいそうです。

 終わった後の始末はプレートは冷えてから洗剤無しでタワシなどで表面を擦ればOK。油の飛び跳ねはかなりすごいので屋内でやる場合などは新聞紙などを敷いておくと良いでしょう(今回は新聞紙・木の板・ストーブ の順で設置)。
 早くキャンプにも持ち出したいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント