戦国アストレイとプラアクト01伊達

戦国アストレイ02
 久々・・・去年の夏以来の更新だったりします。
 今回は模型。ガンプラともう一つ。
 ガンプラは今、熱い展開で目が離せない「ガンダム ビルドファイターズ」で、先週w大活躍だった「戦国アストレイ」です。
戦国アストレイ01戦国アストレイ03戦国アストレイ05戦国アストレイ06
戦国アストレイ04

 ガンダムSEEDの外伝「アストレイ」のガンプラを改造した、っと言う設定のガンプラ(ややこしい・・・)で、和風なテイストをフンダンに盛り込んでいます。でも必殺技は中国拳法(発勁)だったりしますw。
戦国アストレイ07戦国アストレイ08

 劇中、印象的だったポーズ。このガンダムは両肩のパーツが大型のハンドになると言う面白ギミック付。本体は腕組みして両肩のハンドで刀を構えると言う意味があるんだか無いんだかは判らないけどなんだか「カッコイイ」スタイルです。

戦国アストレイ09戦国アストレイ10戦国アストレイ11戦国アストレイ12戦国アストレイ13戦国アストレイ14
戦国アストレイ15

 まあ、でも折角4本腕なので他の武器(武器セットの祭ウェポンより)、木槌と金棒を持たせてより派手な感じに。
 以上、戦国アストレイでした。

プラアクト伊達01プラアクト伊達02
 続いて、こちら。プラアクト戦(SEN)より、シリーズ01の伊達でございます。
 こちらのモデルは「PLUM」と言うメーカーより出ているオリジナルプラキットシリーズ。ご覧の通り戦国武将をモチーフとしています。
プラアクト伊達03プラアクト伊達04プラアクト伊達05
プラアクト伊達06プラアクト伊達07

 オリジナルならではの自由度で極めて高い可動域を誇る本シリーズ。鎧のパーツを付けてもかなり様々なポーズ付けが出来る、実に「遊び甲斐」のあるモデルです。
 惜しむらくは価格がちょっと高いこと。こちらの伊達はヨドバシで約3000円程。ほぼ同じ大きさのバンダイのプラモデルシリーズが「ダンボール戦記」でそちらの価格が1000円前後位ですから結構な開きです。とは言え、出来が良いのでこのスタイルが気に入ったなら「買い」でしょう。オリジナルで他の武将モチーフで作って見たりも楽しそうです。
プラアクト伊達08

 既に、02が発売になっておりそちらは「真田」。購入はしてあるのですが、まだ一切手をつけていない状態です。4月末にはシリーズ第三弾の「織田」が、そしてその後には第四弾の「武田」が控えております。なかなかに目が離せない、楽しみなシリーズと成って来ています。このままシリーズを続け「本田」や「上杉」、「島津」に「雑賀」等を作ってくれたらより楽しくなりそうですね。

一度記事を上げたのですが、写真サイズが不満だったので上げ直しています。少し大きくしました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント