自作PICO風焚火台

前回(6月)のキャンプで新規投入したもの。
PICOグリル、と言う海外メーカー製のもののパクリです。
存在を知った時は既に販売が停止状態(材料費の関係だそうです)で買えず。以前のファイヤスタンドと同じ状況でした。
しかし、無いと言われると余計欲しくなるもので、結局今回も自作の道に進む事にしました。

先ずはこちら。これが本家のPICO-GRILL。実にシンプルでライトな作り。




んで、こちらが自作。
わずかですが、本家より小さめ。素材はステンレス3mm棒と0.2mm厚のステンレス板。

ポイントは足、と言うかメインフレームを分解出来ること。

これによりA4クリアファイルに収納可能となっています。


今回、初めてろう付けと言う作業を行いましたが、これがなかなか上手くいかず苦労しました。
結局、写真の様にだいぶ不恰好でとても成功とは言えない出来ではありますが、何とか使うことができる様にだけはしました。


こちらが実用の図。
流石に3mmですので太めのマキが3本も乗るとフニャフニャしてなかなか怖いですが、移動させるなどしなければ案外いけます。
先日のキャンプではただ火を燃やしただけでしたが、次の機会には上に五徳になるパーツを組んだり、網を置いたりして実用をしてみたいですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。