魂WEB限定、SIDE-AS


バンダイ「ロボット魂」の魂WEB限定モデル、サイドASのコダールiーヴェノムーとコダールm、そして武器セットです。iはひと月ほど前から届いていましたが、一緒に紹介です。

最初はmから。
内容的には以前紹介した銀色のモデルと同じです。ただあちらより武器が少なくイマイチ割高な印象。




今回mと一緒に届いた「武器セット」。
見ての通り近接の白兵戦装備ばかりです。

刀は他が長いので小さく見えますが、サイズは青龍刀クラス。

バカみたいにデカイのは大剣。モンハンばりです。

斧(戦斧)かと思ったらこちらは槌だそうです。

こちらの薙刀風な武器は"鎌"だそうで今回唯一アクションのあるモノ。

刃の部分が90度折れます。

最後は先端が三又の槍。シンプルなだけにアクションが映えます。
こちらも武器のみで2600円強と少々お高め。出来は良いので個人的には許容範囲。


続いてはコダールiヴェノムです。こちらは1ヶ月ほど先に届いていました。

本体カラーが成型色のままなため若干安っぽくなっていますがアクションは名作「レーバテイン」並。実に良く動きますし、スタイルも抜群です。

非常に多くの手首と武装がセットとなっています。

初登場の「ガウルン」機のガトリング、単分子カッター。

二度目に登場した「ゲイツ」機の肩部マウントのマシンガン。手首の可動域の広さで「残念だったねw」のポーズも可能です。

頭部は2種。通常とマスク部が開いた「ラムダドライバ発動」状態のもの。

背中のブレード状のパーツも2種です。

両方付けた「ラムダドライバ発動状態」。

以上、魂WEB限定モデルの紹介でした。
9月末には「サムライイレブン」こと「ブレイズレイブン」も発売予定ですし、今後更なる展開に期待したいところです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント